ようこそ”FPの家”株式会社加藤住建ホームページヘ! 山形県山形市

qrcode.png
http://kato-juken.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

株式会社加藤住建
〒990-2339
山形県山形市成沢西二丁目9-31
TEL.023-688-6214
FAX.023-688-6227

───────────────
・建設工事の設計、
  施工及び請負業務
・不動産の売買、交換、

 賃貸借並びに、その代理、

 仲介及び管理
・前各号に付帯する一切の業務
■ショールームグッドネス
 (リフォーム館)
───────────────

■建設業許可番号
 山形県知事許可
 (般―28)第100284号

■全日本不動産協会会員
  山形県知事免許(7)1695号

 
311807
 

スタッフブログ

 

加藤住建 ブログへようこそ♪

加藤住建 ブログへようこそ♪
フォーム
 
パナメイト研修会
2018-06-08
まだ6月なのに暑い日が続きます来週はもう少し気温が下がるみたいで一安心。
加藤住建のりんこです。
 
5月末日、パナメイト研修会にて、女川PRセンター・女川原子力発電所に行ってきました
女川は石巻の先にあります。石巻には知り合いがいたので震災前までは毎年訪れておりましたが、震災後は1度行ったきり。久々の風景は復興により良い方向に変わっていました。
 
女川PRセンターでは発電所の模型を使いながら発電所の仕組みについて説明していただきました。
女川原子力発電所は女川町と石巻市に立地しており、敷地の広さは約173万㎡、東京ドーム約37個分に相当します。
東日本大震災で震源地に1番近かった女川発電所。震災前からの備えで発電所は設計どおり安全に停止することができたそうです。
 
個人としては、震災後の福島原発の事故により、失礼ながら原発は害のあるものという認識でしたが、今回の研修にて、津波や地震等の災害に備え整えられた体制を実際に見ると考えが違ってきます。
(安全対策実施状況は東北電力ホームページ、女川発電所より閲覧できます!)
 
日本はエネルギー資源に恵まれずほとんどを海外からの輸入に頼っているため、エネルギー自給率が低いです。
過去にはオイルショックもあり、日本も影響を受けました。そのようなこともあり、原子力は必要なものなのではないでしょうか。
 
女川PRセンターは予約がなくても見学が可能です。
(ご希望のお客様にはアテンダントによるご案内もあります!※要予約)
ご興味のある方はぜひ見学に行ってみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
内装にタイルはいかが?
2018-05-30
最近、ブログから離れておりました加藤住建のモン吉です。
 
少し前に、名古屋モザイク様の仙台ショールームへ見学に行って参りました。
色・柄と様々なタイルがあり、どのタイルをチョイスするかでお部屋の雰囲気も自分の好みに変えられそうです。
新築、リフォームの際に内装はビニールクロスが一般的ですが、お部屋の一部分にアクセントでタイルや外壁材などを入れてみてはいかがでしょうか?
 
名古屋モザイク様のHPはこちら⇒
 
住宅の光熱費
2018-05-11
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。長くて9連休の方もいらっしゃったみたいですね。
先日、下の親知らずを抜歯したところ、顔が腫れてしまったりんこです
 
 
このたび、弊社でオール電化の新築を建てられたお客様にご協力をいただき、1年間の電気料金のデータを頂戴いたしました。画像がそのデータになります。
東北電力の「よりそう+シーズン&タイム」電気料金プランのデータです。
使用量6,762kwhで、光熱費1年間の合計は158,770円1ヶ月平均は13,231円でした。
 
都道府県ごとの光熱費について調べてみたところ、山形県はトップレベルで光熱費が高いといわれています。
それと比べると、弊社で建築した住宅の光熱費は低い結果になったのではないでしょうか。
 
光熱費換算プログラムでこちらの住宅の光熱費を計算してみたところ、202,469円という結果が出ておりますので、プログラム結果より実際の光熱費の方が安いことがわかります。
 
いただいた実際の電気料金のデータをもとに、できるだけ正確な予想光熱費を算出できるよう勉強していきたいと思います
 
 
 
外構が完成しました!!
2018-04-27
も終わり、藤の花がきれいですね。
花粉症がようやく落ち着いてきたSUGAです。
 
先日、外構工事がかんりょうしました。
今回は、自然石を使ったアプローチとRの形のコンクリート
この、Rの溝を作るのに当社の大工さんに型枠を作成してもらいました。
かなり大変だったようです。ですが、流石です。きれいにRを作ってもらいました。
 
そして、この自然石も大変でした。自然のものなので形・色・厚さ・重さすべてバラバラ、
それを色合わせながら置いてみてそれから貼る。形も合わせながら小さく切ったりしながらパズルのように合わせていく。とっても手間の掛かる仕事です。
 
でも、手間がかかる分やっぱり仕上がりはとってもカッコいいですwink
溝には白玉石を入れました。
 
建物だけでなく、外構もきれいにするととっても気持ちいいですよね。
家の中は入らないと見えませんが、外構は誰からも見られるところですから、外構がきれいだと気持ちがいいものです。
 
外構の提案も行っておりますので、ぜひお声かけください。
 
山形県支援制度
2018-04-07
毎日ぽかぽかで、すっかり春の陽気!かと思いきや、今度は雨がしばらく続くみたいです。
昔は自転車を乗り回していたので雨は憂鬱でしたが、車に替わってからは雨でもへっちゃら。わたしのクロスバイクも眠ったままになってしまいました……加藤住建のりんこです。
 
 
さて、4月ということで平成30年度の住宅支援制度が正式に発表されました。
利子補給制度については、前期分(平成30年4月~8月募集)は平成29年度と同じ内容
後期分(平成30年9月~平成31年2月募集)からは大きく見直しています。
 
平成30年度からは「やまがた健康住宅」認証制度も始まりました。こちらの制度が利子補給制度、住宅リフォーム総合支援事業と関係しています。
やまがた健康住宅の基準はレベルが3段階あり、「Q1.0」「HEAT20」を参考に作られているようです。国の省エネ基準を上回る基準となっております。
やまがた健康住宅の定義は以下になります。
最も寒い時期の就寝前に暖房を切って翌朝暖房を稼働させない状況でも室温が10℃を下回らない断熱性能を有する住宅
断熱効果を高めるための気密性能を有する住宅
山形の家づくり利子補給制度の共通基準(劣化対策等級3、県産木材の使用割合50%以上)を満たす住宅(新築住宅のみ)
 
詳しくは山形県住宅情報総合サイト「タテッカーナ」をご覧ください
 
 
わたしも過去、上記のサイト上に記載されている"2013年にやまがた健康住宅相当レベルで全体改修をした住宅"を訪問させていただく機会があったのですが本当に暖かい!
当社でもレベルの高いやまがた健康住宅を目指し頑張りたいと思います
 
 
みなさまお気づきかと思いますが、ブログを当番制にしました!
次回もお楽しみに
 
<<株式会社加藤住建>> 〒990-2339 山形県山形市成沢西二丁目9-31 TEL:023-688-6214 FAX:023-688-6227