本文へ移動

【新築編】こどもみらい住宅支援事業

一定の省エネ性能を有する住宅の新築や、一定の要件を満たすリフォームを行う場合、所定の補助金が交付されます。
【こどもみらい住宅支援事業】を活用したお得な家づくり
新築は最大100万円!
     リフォームは最大60万円! リフォーム詳細はこちらへ
グリーン住宅ポイント制度
※2022年7月現在の情報です。

目次

こどもみらい支援事業とは

子育て世帯または若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や住宅の省エネ改修等に対して補助することにより、子育て世帯・若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減をを図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストック形成を図る制度です。 

※子育て世帯:18歳未満の子を有する世帯
※若者夫婦世帯:夫婦いずれかが39歳以下の世帯
 
当社はこの制度を活かし、お得で快適な家づくり実現のお手伝いをいたします。

対象となる期間

~注文住宅の新築・新築分譲住宅の購入~
契約 2021年11月26日以降の締結
交付申請 :一定以上の出来高の工事完了後の申請
完了報告 :戸建住宅 ~2023年10月31日まで
※注文住宅の新築は工事請負契約。新築分譲住宅の購入は不動産売買契約。
交付申請は遅くとも2023年3月31日までです。
ただし、予算が上限に達すると、申請は締め切られます。


対象となる住宅

1.ZEH
     Nearly ZEH
     ZEH Ready
     ZEH Oriented
※一次エネルギー消費量が0以下
外皮の断熱性能等を大幅に向上させ、高効率な設備システムを導入することで室内環境の質を維持しつつ、大幅な省エネルギーを実現した住宅。再生可能なエネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支が賞味でゼロと義務付けられています。
寒冷地・低日射・多雪地域や都市狭小地といった地域性を考慮し、基準値が緩和されたNearly ZEH, ZEH Orientedが設けられています。

補助額 100万円/戸
2.高い省エネ性能等を有する住宅
【認定低炭素住宅(一次消費エネルギー消費量が0以下)】
建築物の一次消費エネルギーが省エネ基準に比べて▲10%以上となる住宅。省エネ基準以上の断熱性能やCO2排出を抑える設備や処置の別途選択が必要。

補助額 80万円/戸

お気軽にご相談ください

TOPへ戻る